交通事故の後遺障害

Permalink

事故交通事故の件数は昔に比べると減っているのですが、それでも多くの人が被害にあっています。歩行者や自転車などにとって自動車と接触するというのはとても危険なことです。あるいは車同士が衝突するような事故だったとしても被害は大きなものになりやすいでしょう。大きな力が加わってしまうため、それによって怪我をしてしまう可能性があります。最悪の場合は死に至ることもあるでしょう。

交通事故にあって怪我をしてしまった場合、その症状が回復しないことがあります。あるいは、一見軽症に思ってもあとからさまざまな症状が出てしまい、それが残ってしまうことがあります。回復せずに残ってしまう症状のことを後遺症といいます。そして、交通事故被害の後遺症は後遺障害と呼ばれます。

もし交通事故にあってしまい後遺障害が残ってしまえば、これからの人生にも大きな影響を与える被害を受けてしまうことになるでしょう。後遺障害にはいろいろな種類があります。体のあらゆる部分について後遺障害が残ってしまう可能性があるのです。後遺障害には等級というものがあり、どのような障害が残ったのかによって慰謝料の額は変わってきます

こちらでは交通事故によって生じてしまう後遺障害について説明しましょう。どのような後遺障害が存在するのかを解説します。いろいろな後遺障害があることが分かるでしょう。ぜひとも参考にしてください。どのような障害が残るのかはそれぞれかなり異なります。その特徴を教えましょう。

→→→上肢機能障害